ビジネス

【デジタル一眼】ニコン、ライブビュー時の像面位相差AFに対応した「D780」

1 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/07(火) 16:03:08.55

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/09.jpg

ニコンは、一眼レフカメラ「D780」を1月24日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税込27万5,000円前後。

「究極の多目的フルサイズ一眼レフ」を標榜する機種。2014年に発売した「D750」からの大幅進化を鑑みて”D780″と名付けられた。なお、D750は併売するという。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/10.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/18.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/16.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/14.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/13.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/19.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/11.jpg

□像面位相差AFに対応。ライブビュー時に「瞳AF」も
ニコンFXフォーマット(35mmフルサイズ相当)の有効2,450万画素センサーを採用。デジタル一眼レフカメラのDシリーズとして初めて像面位相差AFに対応し、ライブビュー撮影時には「瞳AF」が使える。測距エリアは撮像範囲の水平・垂直約90%、フォーカスポイントは273点。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/03.jpg

プラットフォーム(イメージセンサーおよび画像処理エンジンEXPEED 6)はZマウントのミラーレスカメラ「Z 6」と同じだが、AF機能なども含めFマウント用に最適化されているという。AFモーターをボディに内蔵しており、マウント部にカプラーが備わっている。ファインダー撮影時のAFアルゴリズムはフラッグシップ機「D5」のものを最適化して搭載。オートエリアAFの被写体検出精度を高めたという。シングルポイントAF時の測距点は51。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/02.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/01.jpg

ISO感度はISO 100~51200(ISO 50相当減感~ISO 204800相当増感も可能)。D750は最高感度がISO 12800(増感でISO 51200相当)だった。

動画記録は4K UHD/30p、FHD/120pなどに対応。カメラ内タイムラプス動画、電子手ブレ補正、全画素読み出しのフルフレーム4K UHD、HDR(HLG)動画にも対応している。D750はFHD/60p記録に留まっていた。

自然光撮影向けのホワイトバランス「自然光オート」、カラーネガフィルムをポジ反転してデジタル記録できる「ネガフィルムデジタイズ」(JPEG記録のみ)、

□シャッター速度と連写
メカシャッターの速度は1/8,000~900秒に対応。シンクロ速度は1/200秒。ミラーバランサーの新開発などにより、連写時のミラーのばたつきを抑えたという。

連写速度は最高約7コマ/秒(AF-C)。サイレント撮影(12bit RAW)時に約12コマ/秒。連続撮影可能枚数は14bitロスレス圧縮RAWで最大68コマ、そのほかで最大100コマ。

□そのほかの仕様
ファインダーは倍率0.7倍、視野率約100%。新規開発のファインダー光学系を採用した。液晶モニターはチルト式3.2型の約236万ドット。タッチ操作に対応する。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/12.jpg

通信機能はWi-Fi/Bluetooth。記録メディアスロットはSD×2。別売ワイヤレストランスミッターWT-7を利用可能。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/15.jpg

バッテリーは「EN-EL15b」。CIPA基準の撮影可能枚数はD780(内蔵ストロボなし)が約2,260枚、D750(内蔵ストロボ搭載)は約1,230コマだった。外付けのバッテリーグリップは用意しない。USB充電は、純正アダプターからの給電時のみサポートするという(端子はType-C)。

外形寸法は約143.5×115.5×76mm。重量は約840g(バッテリー、SD込み)、約755g(本体のみ)。

参考までにD750は同約140.5×113×78mm、約840g/約750g。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/04.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/06.jpg

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1227/699/07.jpg

□関連リンク
進化したAFシステムをはじめ、高い性能と多彩な機能を搭載した デジタル一眼レフカメラ「ニコン D780」を発売
https://www.nikon.co.jp/news/2020/0107_d780_01.htm

2020年1月7日 11:30
デジカメ Watch
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1227699.html

5 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 16:17:13.11

LUMIX S1Hを小型化したようなカメラを作ればいいのに

6 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 16:17:28.99

こんなカメラ使うからにはレンズは30万以上か

12 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 16:34:32.04

いつの間にかD610とD810が公式ページでディスコン欄送りになってるでござるの巻。
オレのD610まだ現役なんだけど…

24 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 17:00:37.61

>>6
120-300も発表されたけど120万円台だそうだ

26 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 17:14:33.42

>>18
一眼レフにも需要はあるし、ニコンとキヤノンにとってはブルーオーシャンだから発売することに意味がある
しかも中身はほとんどNikon Z 6なんだから流用して一眼レフが作れて、
それで1円でも利益が出せれば安いもんだろ?

42 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 19:52:39.57

>>39
>バシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバカャバシャバシャバシャバシャ

シャッター屋「。。。」

43 名刺は切らしておりまして 2020/01/07(火) 19:59:24.38

>>16
思わないな、デザインでNikon選んだわ。メカメカしくて好き。

88 名刺は切らしておりまして 2020/01/08(水) 21:15:35.16

>>87
お前がな

92 名刺は切らしておりまして 2020/01/08(水) 23:54:30.92

一眼レフカメラで干上がるのが先かミラーレスカメラで立ち直るのが先かカメラ業界以外に脱出するか。
富士やオリよりずっと後発だから強いはずなんだけどな。

96 名刺は切らしておりまして 2020/01/09(木) 11:32:49.82

>>66
昔こういうデザインにしたから今も同じやり方って部分全部だよ
Zにするときに一新するかと思えばぜーんぶ引き継いでんだもんな。
失笑したわ

>>77
電源スイッチだけの話じゃないよ

99 名刺は切らしておりまして 2020/01/09(木) 13:52:31.88

プロも色々なのに一纏めにするヤツw

104 名刺は切らしておりまして 2020/01/10(金) 07:22:55.00

>>103
それは双眼鏡もフィールドスコープも同じ
薦められても買えなかった理由

106 名刺は切らしておりまして 2020/01/11(土) 13:41:59.33

どうカメラの形が変わろうが需要を喪失しないセンサーやってるソニーとか
イメージングを9割方医療光学機器に転換して健全化やったオリンパスとか
オフィスがあるかぎり事務機器のなくならない商売のキヤノンみたいな
べったりの太い資金源になるニーズもない。
どうあがいても100台前後のパイをわけあう露光装置は急伸の目もない。
成長分野のないグローバル企業なんて、そりゃ東芝メモリのない東芝みたいな切り売りされるだけの存在だ。

116 名刺は切らしておりまして 2020/01/11(土) 18:45:25.96

直近の生産出荷統計見ると
スマホは月に3000万台以上出荷されてるけど
一眼レフは月に30万台ちょっとの出荷台数。
うち日本国内の一眼レフ出荷台数は月2万台すら割り込んで1万5000台もなくて、金額になおすと6億円市場にすぎない。

年間四億台近くのスマホが動く市場からすれば、吹けば飛ぶような規模に落ちてるんだな。
スマホ市場から多少でも恩恵を得られてるか、割を食う一方なのかで業績に大差つくのは当然すぎて草も生えない。

129 名刺は切らしておりまして 2020/01/12(日) 11:57:19.88

>>124
捌ける数が小さくなった分、全体を値上げする方向で固めたいのかもな
フルサイズ下位機種を廃して中位と値上げ済みの中位後継と上位の新三路線。
Z50やP900→P950の予約価格でもだいぶ強気の値段になったし、経営陣は暫くこの路線で行く決定したんだろう。
今までが安すぎたって感じ。