ビジネス

[哀愁]【株式前場値動き】前場の日経平均は小じっかり、模様眺めムード強く売買代金1兆円割れ【7/17 株価】 [エリオット★]

1 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/17(金) 12:41:04.90

立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
スレタイ検索 株式前場値動き
http://download.co.jp/news/bizplus/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%89%8D%E5%A0%B4%E5%80%A4%E5%8B%95%E3%81%8D
いよいよ材料が枯れました。手がかりがまるでありません。中国市場がそこそこ回復はしているというものの、こんなあてにならない藁はさすがに掴む気にはなれません。
その上でTOPIXがわずかながらプラスであることから、ETF買い入れがあるかどうかも微妙な情勢。となれば週末の手仕舞い売りが一気に押し寄せて大きく下げる危険性があります。
空運業はGoToキャンペーンに大きな影が生じたためか、業種別で大きくマイナスになっています。
後場は少し下げて22700円付近で再開しています。

[東京 17日 ロイター] –
前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比3円59銭高の2万2773円95銭となり、小じっかり。前日の米国株式市場は下落したものの、上海株式市場が堅調に推移するなど支援材料もあり、全般は底堅い展開となった。ただ、週末とあって模様眺めムードが強く、もみあいとなっている。東証1部の売買代金は1兆円台を割り込んだ。

16日の米国株式市場は、マイクロソフト やアップル などのハイテク株に売りが出て下落。新規失業保険申請件数が高止まりしていることで、新型コロナウイルス感染拡大による経済への影響があらためて意識された。

米商務省が16日発表した6月の小売売上高は前月比7.5%増と、市場予想の5%増を上回った。ただ、新型コロナ感染第2波が経済回復の重しとなっている。6月最終週の時点で何らかの失業手当を受けていた人は約3200万人となった。

日本株は外為市場でドル/円が円安に振れたこともあって、買い優勢で始まった。その後、上海株式市場が堅調なスタートとなるなど支援材料があったものの、「週末とあって見送りムードが強い。上値を追うには新たな材料が欲しいところだ」(国内証券)という。
TOPIXは0.05%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9051億1200万円。東証33業種では、電気・ガス業、医薬品などが上昇し、鉄鋼、不動産業、空運業など直近買われた業種の値下がりが目立った。

個別では、富士通 、東京エレクトロン などハイテク株、半導体関連の一角が上昇したほか、ソフトバンクグループ もしっかり。半面、ソニー が利益確定売りに押され、任天堂 もさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが896銘柄、値下がりが1180銘柄、変わらずが94銘柄だった。

2020年7月17日 / 11:47
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL3N2EO0P2?il=0

2 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/17(金) 12:41:12.67

本日の詳細

<10:55> 日経平均はもみあい、上海市場しっかりだが週末で上値に慎重

日経平均はもみあい。注目された上海株式市場はしっかりで始まったことで、マイナス圏から前日比変
わらず近辺に居どころを変えている。ただ「週末とあって全体的に見送りムードが強い。上値に対して慎重
となっている」(国内証券)という。

<10:15> 日経平均はマイナス圏転落、上海市場の取引開始を控え様子見ムード

日経平均はマイナス圏に転落し、前営業日比40円ほど安い2万2700円台前半でのもみあいとなっ
ている。市場では「外部環境に大きな変化はないものの、新型コロナの新規感染者数が増加し続けているこ
ともあり、今の経済回復ペースは期待通りなのか、投資家はやや慎重になってきている。手掛かり材料も少
ないので、午前10時30分に上海取引所が始まるのを待っている状態」(国内証券)との声が出ていた。

<09:10> 寄り付きの日経平均は反発、37円高でスタート 米株先物を好感

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比37円21銭高の2万2807円57銭となり、小
幅に反発して始まった。その後は前営業日比70円ほど高い2万2800円台半ばでの推移となっている。
オーバーナイトの米国株式市場は下落したものの、米株先物がしっかりしていることが好感されている。東
証33業種では電気・ガス業、証券業、非鉄金属などの20業種が値上がり。空運業、不動産業、パルプ・
紙などの13業種は値下がりとなっている。

<08:30> 寄り前の板状況、ファナックは売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン
、ソニー 、パナソニック が売り買い拮抗。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り買い拮抗、ファナック は売り優勢

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっている。

5 名刺は切らしておりまして 2020/07/17(金) 12:51:19.25

おっと、さがっとるわw

6 名刺は切らしておりまして 2020/07/17(金) 13:01:10.55

なんかここ数日で潮目が変わったな
なんかあったの?

7 名刺は切らしておりまして 2020/07/17(金) 13:03:21.20

小じっかりキタ

9 名刺は切らしておりまして 2020/07/17(金) 13:54:02.91

10 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/17(金) 13:59:45.20

続報

<12:33> 日経平均は後場下落、都内の新規コロナ感染者が連日の最多水準見込み

日経平均は一時2万2700円付近まで下落し、きょうの安値を付けた。小池百合子東京都知事が午前
、東京都で新たに新型コロナウイルスの感染が確認された人の数について、昨日と同じようなレベルではな
いかと語ったことが嫌気されているもよう。ランチタイム中に先物が下げ、現物指数に売り圧力がかかった

東京都では16日、過去最多の286人の新型コロナ感染が確認された。