ニュース

[唖然]熊本県で猛烈な雨 西・東日本で26日にかけて大雨おそれ [マスク着用のお願い★]

1 マスク着用のお願い ★ 2020/07/24(金) 08:42:39.40

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200724/k10012530561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
熊本県で猛烈な雨 西・東日本で26日にかけて大雨おそれ

前線と低気圧の影響で九州北部には次々と発達した雨雲がかかり、熊本県では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降っているところがあります。西日本では26日にかけて、東日本でも、24日夜から26日にかけて大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫や増水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと停滞する梅雨前線と低気圧の影響で、西日本では大気の状態が不安定になっています。

九州北部に発達した雨雲が次々と流れ込んでいて、午前7時前までの1時間に、
▽熊本県天草市牛深で85.5ミリの猛烈な雨が降ったほか、
▽熊本市で70ミリの非常に激しい雨が降りました。

これまでの雨で熊本県では「氾濫危険水位」を超えている川があります。

また佐賀県と大分県、それに福岡県では土砂災害の危険性が非常に高くなり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

今後の見通し
前線はこのあと日本付近に停滞する見込みで、
▽西日本では26日にかけて、
▽東日本では24日夜から26日にかけて、
局地的に雷を伴って激しい雨や非常に激しい雨が降るおそれがあります。

25日朝までの24時間の雨量はいずれも多いところで、
▽九州で300ミリ、
▽四国で250ミリ、
▽中国地方で200ミリ、
▽近畿と北陸、それに東海で100ミリと予想され、
その後も広い範囲で26日にかけて雨が降り続く見込みです。

気象庁は土砂災害や川の氾濫や増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

九州など豪雨の被災地では、これまでより少ない雨で災害が発生するおそれがあります。自治体が発表する避難の情報に注意して早めの避難を心がけてください。

2020年7月24日 7時31分 NHK

2 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:42:54.39

もう勘弁してくれよ

3 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:43:00.75

二ならウンコ食う

5 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:44:41.45

GOTOで浮かれてる人達が居る中お疲れ様です

6 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:44:42.65

おじいさんおばあさんは田んぼを見に行ってはだめだよ

8 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:48:38.19

>>7
官民揃って治水を怠った

10 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:51:59.89

令和の由来

■■令和(『万葉集』巻5)

梅花謌卅二首并序
天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、
促膝飛觴、忘言一室之裏、開衿煙霞之外、淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情。
詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

■原文 梅の花の歌32首、並びに、序

天平2年1月13日、帥(かみ)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(つど)ひて、宴会を申(の)ぶ。時に初春の令月、気淑く風和(な)ぐ。梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後の香を薫らす。
加以(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)は嶺に雲を移し、松は羅(うすぎぬ)を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕岫(せきしゅう)に霧を結び、鳥はうすものに封(こも)りて林に迷ふ。庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。
是に天を盖にし地を坐(しきい)にして、膝を促して觴(さかづき)を飛ばし、言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開き、淡然として自放に、快然として自ら足れり。
若し翰苑(かんえん)にあらずは、何を以てか情(こころ)をのベむ。
請ひて落梅の篇を紀(しる)さむと。古今それ何ぞ異ならむ。園梅を賦し、聊(いささ)か短詠(みじかうた)を成(よ)むベし。

■梅の花の歌32首 序文 現代語訳

天平2年1月13日、帥老(そちろう。大伴旅人のこと)の邸宅に集まって、宴会を開いた。
時は、初春のよき月夜(十三夜)で、空気は澄んで風は穏やかで、梅は女性が鏡の前で白粉の蓋を開けたように花開き、梅の香りは、通り過ぎた女性の匂い袋の残り香のように漂っている。
それだけではなく、曙(朝日)が昇って朝焼けに染まる嶺に雲がかかり、山の松は薄絹に覆われて笠のように傾き、山の窪みには霧が立ち込め、鳥は薄霧に遮られて林中を彷徨う。庭には今年の蝶が舞い、空には去年の雁が北に帰る。
ここに、天を蓋、大地を座として、お互いの膝を近づけて酒を酌み交わし、他人行儀の声を掛け合う言葉を部屋の片隅に忘れ、正しく整えた衿を大きく広げ、淡々と心の趣くままに振る舞って、おのおのが心地よく満ち足りている。
これを和歌に詠むことなくして、何によってこの思いを述べようか。
『詩経』に落梅の詩篇があるが、この思いを表すのに、昔の漢詩と今の和歌と何が違うだろう(何も違わない)。さぁ、庭の梅の風景を、今の思いを、いささか和歌に詠もうじゃないか。

11 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 08:52:15.07

令和の由来2

◆◆梅の歴史◆◆
飛鳥時代に、中国から日本に持ち込まれました。
中国では、寒い季節に凛と花を咲かせる姿から、気高さを象徴する植物として、古来から重んじられてきました。

◆◆日本人と梅◆◆
歌に詠まれている梅の原産は中国で、遣唐使が日本に伝えたとされています。

また、その姿や香りのよさから、古来より日本人に愛されてきた花である梅。万葉集や古今和歌集などの歌集に多くの歌が詠まれていることからも、古来より人々に親しまれていたことが分かります。

はかなさの代名詞となっている桜の花に比べて、梅の花の花期は長いのも特徴。

もうひとつ、梅の特徴といえば、その香り。桜にもほのかな香りはありますが、梅ほど強く訴えかけてはきません。澄み切った冬の空気の中に、馥郁とした甘く清々しい香りが漂ってくると、思わずハッとします。

日本の気候風土に合った梅は、代表的な庭木の一つ。非常に寿命が長く、年月をかけて樹形を自分好みに整えていくことができるため、庭植えや鉢植えのほか、盆栽としても楽しまれています。

■大伴旅人の序文では、梅と蘭(フジバカマ)とともに、鏡前と珮後が対句となっています。

珮(はい)とは、玉(めのうや水晶などの鉱物)や金属で作られた飾りですが、香草の香りをつけたものは香珮と呼ばれます。衣類につけた場合には佩と書きます。
佩蘭と呼ばれるフジバカマは代表的な香草であり、乾かすと桜餅の葉のような香りがします。若葉自体には香はありませんが、乾かしたフジバカマの芳香を念頭に置いて、「珮後の香を薫す」と描写しています。
珮を作るときには、さまざま彫刻が施され、香りつきの玉の彫刻を腰に下げるのはとても風流な習慣でした。

15 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 09:40:02.18

>>1
スレ立て主は、それ自体ニュースみたいなコテハンはやめたほうが良い

17 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 09:41:39.79

九州の熊本鹿児島上空あたりにヨウ化銀まかれてるんだろな

20 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 10:09:21.72

>>12
龍田だっけ?
熊本で災害あるたび言われるだろうな

24 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 13:38:59.80

またコロナが拡がるな

27 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 14:14:26.89

>>26
甲子園なら毎年のことだ

28 不要不急の名無しさん 2020/07/24(金) 14:15:12.78

GoSub