ニュース

[哀愁]辛さ8倍のタバスコしょうゆ発売へ ステーキや刺し身に [きつねうどん★]

1 きつねうどん ★ 2020/07/26(日) 06:12:15.23

https://news.nissyoku.co.jp/wp-content/uploads/2020/07/451676.jpg

「スパイシーしょうゆPlus」、珍しい辛口醤油で口コミ拡散も期待できる

正田醤油は8月から、タバスコブランド唯一の醤油で辛さ8倍の「スパイシーしょうゆPlus」を発売する。伸長する辛味調味料カテゴリーで濃口醤油ベースの汎用(はんよう)性、食塩分12%の低塩、スクイズボトルの使い勝手などを提案する。タバスコの認知度を強みに導入店が増えている。醤油に激辛人気を取り込み、売場の価値と収益を高める。

「タバスコブランド スパイシーしょうゆ」は商標元と1993年に業務提携し、翌年発売したロングセラー。「Plus」はタバスコのオリジナルソース使用量を8倍にして8月7日から発売する。辛味志向の深まりに応える。

ただ混ぜるだけでは溶け合わず、塩辛くなるだけといい、低塩ながら濃厚な本醸造醤油を選定。うまみ成分などで塩・酢カドを抑え、タバスコ特有の辛さと香りを引き出した。ソースより控えめで適度な辛味と塩味、豊かなうまみでさまざまな料理、食材の味わいを生かす。

風味出しに唐辛子の発酵固形物もそのまま用い、独自技術で混合した。容器はPETになって開封後は要冷蔵だが、スクイズ(押し出し)方式。片手で扱いやすく、一滴単位で注げる。200mlでオープンプライス。

用途は好相性のステーキやローストビーフといった肉料理、揚げ物、白身の刺し身などへのつけ・かけ推奨。パーティー向きの商品力をクリスマス商戦などで訴える。独自商品で味も良いと既存展開先の質販店のほかに量販、雑貨店などから採用が相次いでいる。SNS広告も計画。成功例をホテル・レストランなどの業務用展開につなげる。

辛口の醤油も「スパイシーしょうゆ」がナショナルブランドで唯一。タバスコをはじめとしたホットソースや一味といった粉末、用途を広げるラー油など辛味調味料の成長を醤油に導く。タバスコを使ったほかケチャップ、ピザソースの「グルメパートナー」シリーズの改良、強化にもつなげる。

https://news.nissyoku.co.jp/news/yoshiokau20200714041038322

4 Ψ 2020/07/26(日) 06:19:44.65

キワモノはすぐ消える。
辛そうで辛くない少し辛いラー油も値崩れしてきた。

5 Ψ 2020/07/26(日) 06:23:40.73

海産物に合いそう

7 Ψ 2020/07/26(日) 07:12:39.62

>>2
パクられたと妄想して火をつけるなよ。

8 Ψ 2020/07/26(日) 07:41:23.89

>>6
グロ

10 Ψ 2020/07/26(日) 07:54:28.41

倍率商法

11 Ψ 2020/07/26(日) 10:10:11.01

デスソースじゃだめなんですか