ビジネス

[悲報]【apple】iOS 13.6.1とmacOS 10.15.6追加アップデート配信。仮想化ソフトがクラッシュする問題など修正 [エリオット★]

1 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/08/13(木) 12:50:04.06

アップルは12日(米現地時間)、iOS/iPadOS 13.6.1の配信を開始しました。7月中旬のiOS/iPadOS 13.6から約1ヶ月後のマイナーアップデートとなります。

対象機種に届いていれば通知から、あるいは[設定]>[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から確認して手動でアップデートできます。

主な修正点としては、iOS/iPadOS 13.6.1ともに、ストレージの空き領域が少ないとき、不要なシステムデータファイルが自動的に削除されない可能性がある問題に対処したとのことです。

またiOS 13.6.1では、一部のディスプレイの色が緑がかって表示される原因となっていた温度管理の問題を修正したと述べられています。具体的には6月に一部ユーザーから報告のあった「ロック解除した直後に画面が緑色にぼやける」問題を意味していると思われます。

それに加えて、一部のユーザで接触通知が無効になることがある問題を修正したとのこと。5月のiOS 13.5以降に導入された新型コロナ接触通知APIもしだいに不具合が洗い出され、完成度を高めている模様です。

並行して、macOS 10.15.6追加アップデートも配信開始されました。こちらはまず、仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題を修正したとのこと。7月に配信されたmacOS 10.15.6ではVMWareなど仮想化ソフトにカーネルパニックが発生してクラッシュするバグが報告されていましたが、さっそく対応されたようすです。

さらに、発売されたばかりの新型27インチiMacの不具合も修正。スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題を解決したと記載されています。

●iOS 13.6.1の公式リリースノートは次の通りです。

iOS 13.6.1には、iPhoneで発生していたバグの修正が含まれます。

空き領域が少ない場合に、不要なシステムデータファイルが自動的に削除されない可能性がある問題に対処

一部のディスプレイの色が緑がかって表示される原因となっていた温度管理の問題を修正

一部のユーザで接触通知が無効になることがある問題を修正

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222

●macOS 10.15.6追加アップデートの公式リリースノートは以下の通りです。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート –– 再起動が必要です

macOS Catalina 10.15.6追加アップデートには、Macで発生していたバグの修正が含まれています。

仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題を修正

iMac(Retina 5K、27インチ、2020)で、スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題を解決

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222

8月13日 12時30分
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/ios-macosupdate-033044640.html

5 名刺は切らしておりまして 2020/08/13(木) 13:04:13.24

中途半端過ぎて入れたこと無いな
入れたいなら実機余っちゃってるし
役に立たなくてすまんね

7 名刺は切らしておりまして 2020/08/13(木) 13:10:49.60

catalinaはそろそろ安定したの?
未だに怖くて入れられないんだけど。