政治

[必見]立憲の臨時国会の早期召集の求めに 自民 応じられない姿勢 [クロ★]

1 クロ ★ 2020/08/20(木) 13:12:07.28

自民党と立憲民主党の国会対策委員長が会談し、立憲民主党がGDPの伸び率の落ち込みを受けて経済対策を議論すべきだとして、臨時国会を早期に召集するよう改めて求めました。自民党は、野党合流の動向を見極めたいとして、応じられないという姿勢を重ねて示しました。

自民党の森山国会対策委員長と、立憲民主党の安住国会対策委員長の会談は20日午前、国会内で行われました。

この中で安住氏は、ことし4月から6月のGDP=国内総生産の伸び率が歴史的な落ち込みとなったことを受けて、経済対策を議論すべきだとして、臨時国会を早期に召集するよう改めて求めました。

これに対し、森山氏は、立憲民主党と国民民主党の合流によって国会の会派構成にも影響があり、その動向を見極めたいとして、早期召集には応じられないという姿勢を重ねて示しました。

また、安住氏は、来月上旬の開催で与野党が合意している衆議院予算委員会の閉会中審査では、安倍総理大臣が出席して集中審議を行うことや、衆議院の財務金融委員会などでも閉会中審査を開くことを要求しました。

このため、両氏は来週、改めて協議することになりました。

立民 安住国対委員長「国民に説明すべき」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「新型コロナウイルスの感染拡大は警戒状況にあり、経済も非常に深刻なことは明らかで、国会を閉じていることは国民の不信感を招く。安倍総理大臣は体調不良で検査をして、きのう公務に復帰したということなので、そろそろ、みずから直接、今の健康状態を含めて国民に説明すべきだ」と述べました。

2 クロ ★ 2020/08/20(木) 13:12:54.12

自民 森山国対委員長「会派の動き見定め必要」

自民党の森山国会対策委員長は、記者団に対し「野党で新しい政党に向けた動きが始まっている。国会運営は、会派を中心に質問時間などを割りふるため、会派の動きを見定めることが必要だ」と述べました。

また、安倍総理大臣の予算委員会への出席については「今までの予算委員会は、参考人の意見を聞くということでやってきた」と述べ、慎重な考えを示しました。

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200820/k10012575361000.html

6 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 13:25:20.14

サボっている間の平和な国会運営がある意味理想やね

7 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 13:29:49.84

国会開会が必要と言うなら、自分らでも法案を作るべき。

国会は、法律案を審議するのが一番の目的だからね。
法案なしで報告や質問だけなら、現状の形で十分。

8 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 13:33:43.86

低レベルの野党なんぞ相手にするだけ時間の無駄
米中戦争で世界情勢は激動してるんだから

9 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 13:34:46.27

>>1
どうせ開いたところで「何で開かなかったのか」の一点張りで国会が空転するだけ
立憲みたいな無能集団がいることが日本にとって最大の災い

10 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 13:50:20.29

逃げる卑怯者
劇団ゲリゾー

12 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 14:00:06.72

(1)安倍の国会答弁を見ても、安倍に人間の「良心」があると思っているやつがまだいるのか。
(2)不当な安倍政権の正当化を続ける自民党と公明党は国民に暴力を振るうな
(3)憲法20条(政教分離)違反の公明党はただちに解党しろ。日本にあってはならない政党だ。

憲法20条
信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
いかなる宗教団体も、国から特権を受け、
又は政治上の権力を行使してはならない。
2項 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを
強制されない。
3項 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もして
はならない。

創価学会の山口は政治を利用して
池田大作による教義の【布教】はやめろ。
国民をだますな。公明党をすぐに解党しろ。

憲法20条違反だ。

NHKと新聞テレビは公明党を正当性のある【公党扱い】するのはやめろ。
国民に対する背信行為だ。国民に暴力を振るうな。

14 あなたの1票は無駄になりました 2020/08/20(木) 14:07:41.37

プーチン大統領

「ソ連が、韓国、中国、東南アジアの国々を、日本の支配から解放した」